わきがの治療法

美容皮膚科で行うわきがの治療ですが、まずは内服治療があります。これは薬を服用することで、汗がでにくい体質にしていくというものですが、時間がかかり、個人差もある治療法です。次に外用治療として、塗り薬による治療があります。脇の下に直接塗るため、即効性はありますが、こちらも個人差が出てきます。また、多汗症の改善にはボトックス注射による治療があります。即効性もあり、効果も実感できる治療法ですが、一定期間で何度も治療を繰り返すことになります。

わきがの中でも重度の人や、一度手術をして再発した人などには、臭いの元となるエクリン腺とアポクリン腺を摘出する方法があります。これにより汗腺は取り除かれますが、術後は絶対安静となります。

わきがの治療法として、最近ではレーザーによる治療が行われるようになってきました。これはマイクロ波を脇の下に照射することで、汗腺を破壊する治療です。もちろん、切開することもなく、汗腺も再生しないため、跡も残らず効果も持続します。治療時間は麻酔時間込みで2時間半程度で、ダウンタイムも1~2日と短いのもこの治療の大きなメリットです。わきがは周りの人へ不快感を与える症状ですし、当人にとっても辛いものです。しかし、わきがは治療することで改善するものです。わきがで悩んでいるのなら、美容皮膚科でカウンセリングを受けてみましょう。

わきがの仕組み

わきがの原因としては、まずアポクリン汗腺が挙げられます。この汗腺から分泌されるアポクリン汗によりわきが特有の臭いが発生するのです。アポクリン汗にはタンパク質や脂質、糖質など様々な成分が多く含まれていて、それを細菌が分解することであの嫌な臭いとなるのです。一方で、エクリン汗があります。これは通常の汗のことで、臭いはありません。しかし、わきがの臭いを拡散させることもあり、多汗症の人は通常の汗にも気を付けなければいけません。

わきがの原因には他にも皮脂があります。皮脂は皮脂腺から分泌され、エクリン汗と一緒になり皮膚を皮脂で覆う役目をします。これにより皮膚や体毛が細菌などから守られるのです。ただ、この皮脂もアポクリン汗に混ざってしまうと、わきがの臭いの元となってしまいます。

このようにわきがは汗や皮脂により臭いが発生する仕組みになっていますが、細菌が臭いを発生させることもあるのです。脇の下で、アポクリン汗と皮脂とエクリン汗が混ざると、今度はそれを分解しようと細菌が働き始めます。それにより、強烈な臭いを発生することがありますので、特に脇の下は清潔な状態にしておく必要があるのです。このように、わきがの原因は様々ですので、これを知った上で、治療をすればより効果的に臭いの改善ができるのです。

わきがの悩み

わきがで悩んでいる人は意外と多いものです。その臭いのせいで、人から敬遠されたり、中傷されたりすることがあります。自分では臭わないため、自分がわきがであることに気付きにくい点も、このわきがの厄介なところです。

わきがであることに気付くと、特に夏場などはその臭いが気になって、人との接触を極端に恐れるようになりますし、それがコンプレックスとなり、精神的に大きなストレスともなるのです。一方で、多汗症の人がいます。これは汗を大量にかくという症状ですが、ストレスにより多汗症の症状が進む場合もあるのです。精神的なストレスが原因で起こる多汗症の特徴としては、手のひらや額など特定の箇所のみに多く汗をかくというものがあり、これを局所多汗症と言います。

局所多汗症の中でも、脇の下に大量の汗をかき、さらにわきがであれば、汗により臭いを余計に拡散してしまいます。そしてそれがまたストレスとなり局所多汗症を進行させていくことになるのです。わきがと局所多汗症は当人にとってはとても深刻な悩みです。こうした悩みを解消するには、美容皮膚科に相談するのがいいでしょう。わきがは医師によって治療できる疾患なのです。わきがで悩んでいるのなら、美容皮膚科を訪ねてみてください。

美容皮膚科でわきが治療

人混みの中にいると、わきがの臭いがすることがあります。当人が悪いわけではないのですが、それでも周りの人は不快な思いをすることには間違いがありません。このわきがですが、その当人は自分の臭いに気付かないという特徴があります。周りの人から指摘され、初めて自分の臭いに気付くわけです。そうなった場合、それまでは社交的だった性格が、内向的な性格になることも少なくはありません。人付き合いにも支障をきたし、精神的にも大きなダメージを負うことになります。

このようにわきがは当人にとって相当なストレスとなります。このストレスが局所多汗症という症状に繋がり、さらに臭いを拡散することとなるのです。わきがで悩んでいる人は、こうした悪循環を断ち切るために、美容皮膚科への相談をおすすめします。わきがの原因としては臭いの元となるアポクリン汗、それを拡散するエクリン汗、そして細菌による臭いがあります。こういった原因を美容皮膚科で治療することで、わきがが改善されるのです

治療方法としては内服薬や外用治療、またボトックス注射による多汗症の改善などがあります。また、アポクリン汗腺自体を取り除く手術もありますし、最近ではマイクロ波を当て、汗腺を破壊するというわきが治療もあります。このように美容皮膚科では様々な方法により、わきがを治療することができます。わきがで悩んでいるのなら、迷わず美容皮膚科へ相談してください。このサイトは、美容皮膚科でできるわきが治療について説明します。