わきがの仕組み

わきがの原因としては、まずアポクリン汗腺が挙げられます。この汗腺から分泌されるアポクリン汗によりわきが特有の臭いが発生するのです。アポクリン汗にはタンパク質や脂質、糖質など様々な成分が多く含まれていて、それを細菌が分解することであの嫌な臭いとなるのです。一方で、エクリン汗があります。これは通常の汗のことで、臭いはありません。しかし、わきがの臭いを拡散させることもあり、多汗症の人は通常の汗にも気を付けなければいけません。

わきがの原因には他にも皮脂があります。皮脂は皮脂腺から分泌され、エクリン汗と一緒になり皮膚を皮脂で覆う役目をします。これにより皮膚や体毛が細菌などから守られるのです。ただ、この皮脂もアポクリン汗に混ざってしまうと、わきがの臭いの元となってしまいます。

このようにわきがは汗や皮脂により臭いが発生する仕組みになっていますが、細菌が臭いを発生させることもあるのです。脇の下で、アポクリン汗と皮脂とエクリン汗が混ざると、今度はそれを分解しようと細菌が働き始めます。それにより、強烈な臭いを発生することがありますので、特に脇の下は清潔な状態にしておく必要があるのです。このように、わきがの原因は様々ですので、これを知った上で、治療をすればより効果的に臭いの改善ができるのです。

Pocket

Published by 運営者