わきがの治療法

美容皮膚科で行うわきがの治療ですが、まずは内服治療があります。これは薬を服用することで、汗がでにくい体質にしていくというものですが、時間がかかり、個人差もある治療法です。次に外用治療として、塗り薬による治療があります。脇の下に直接塗るため、即効性はありますが、こちらも個人差が出てきます。また、多汗症の改善にはボトックス注射による治療があります。即効性もあり、効果も実感できる治療法ですが、一定期間で何度も治療を繰り返すことになります。

わきがの中でも重度の人や、一度手術をして再発した人などには、臭いの元となるエクリン腺とアポクリン腺を摘出する方法があります。これにより汗腺は取り除かれますが、術後は絶対安静となります。

わきがの治療法として、最近ではレーザーによる治療が行われるようになってきました。これはマイクロ波を脇の下に照射することで、汗腺を破壊する治療です。もちろん、切開することもなく、汗腺も再生しないため、跡も残らず効果も持続します。治療時間は麻酔時間込みで2時間半程度で、ダウンタイムも1~2日と短いのもこの治療の大きなメリットです。わきがは周りの人へ不快感を与える症状ですし、当人にとっても辛いものです。しかし、わきがは治療することで改善するものです。わきがで悩んでいるのなら、美容皮膚科でカウンセリングを受けてみましょう。

Published by 運営者